所定給付日数

所定給付日数とは、受給期間内で失業状態にある間に基本手当を受給することができる最大の日数です

この日数は離職区分被保険者であった期間・年齢によって決定されます

就職困難な者に該当する場合は、離職区分とは無関係に被保険者であった期間によって決定されます

離職時に65歳以上であった方は高年齢継続被保険者に該当し、失業給付は高年齢求職者給付金となります

離職区分が2D・2E・3C・4D・5Dの場合

表a

期間 10年未満 10年以上
15年未満
20年以上
90日 120日 150日

離職区分が1A・1B・2A・2B・2C・3A・3Bの場合

表b

期間 1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上
35歳未満
120日 180日 210日 240日
35歳以上
45歳未満
150日 240日 270日
45歳以上
60歳未満
180日 240日 270日 330日
60歳以上
65歳未満
150日 180日 210日 240日

就職困難な者

被保険者で
あった期間
1年未満 1年以上
45歳未満 150日 300日
45歳以上
65歳未満
360日

失業給付

Posted by work